CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
Anything.
<< Baka | main | K-ai 雑記 >>
北海道
0
    小樽

    今年の夏はK-aiで北海道に行ってきた。フェリー泊も含めて10日間ほどの旅行であった。
    家族4人、高齢の母だけはビジネスホテルを事前に予約して、「幸福の黄色いハンカチ」のロケ地を順番にまわってきた


    以下、キャンピングカーで北海道まで行ってみて、初めて分かったこと。

    1. 夏休みの北海道行きのカーフェリーは、ギリギリでも新潟港からなら予約が取りやすい。

    2. 夏の北海道は涼しいので、冷房が弱いキャンピングカーのメッカ。

    3. 北海道の道の駅はまるでキャンカーの博覧会。(トラックの迷惑アイドリング車中泊もいない)

    4. 北海道内の移動は、本島よりめちゃくちゃ早い。(平均60km/h)

    5. 移動も景色が良くて道も直線なので苦にならない。

    6. したがってクルコンの恩恵が大きい。

    7. キャンカーで何カ月も滞在している長期滞在者が多い。

    8. 普通車の車中泊旅行者も多い。(モビリオで一人旅している女性も見かけた)


    以下、K-aiで2000kmの旅行をした後に考えたキャンピングカー考。


    1. トラックベースは(とくに後席の)乗り心地が悪い。

    2. K-aiで高速道路は過酷。(耳栓有効)

    3. トラックベースは後席の着座位置が高いため、揺れやすい=酔いやすい。

    4. キャンピングカーにとって断熱はかなり重要。

    5. 発電機+エアコンさえあれば、夏でも旅先を選ばないかもしれない。

    6. 以上の理由により、理想のキャンピングカーはハイエースベースのキャブコン(ファーストカスタム社製等)...かも? 1000万円払えれば。


    ただ、個人的には、自宅のシャッター車庫の高さ制限が2300mmなので、ポップアップルーフが望ましい。(そんな需要も多いのでは?)


    したがって、ないものねだりの理想の結論としては、


    ハイエースベースのキャブコンで、AZ-MAXのエムホールバみたいなポップアップで、家庭用エアコン+発電機搭載で、カセットトイレがついてて、乗員8人/就寝5人の

    キャンピングカーがあったらすぐ買います。     中古の。


    JUGEMテーマ:旅行
     
    | K-ai | 16:42 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    はじめまして!
    k-aiで検索して辿り着きました!

    クルコンを装備されているようですが、AT車でも取り付けできるのであれば、是非ともマネさせて頂きたいので、差し支えなければ、クルコンの品番など分かれば教えて下さい。
    | くんし | 2014/05/01 10:44 AM |
    コメントありがとうございます。

    残念ながらK-aiはその後手放してしまい、現在手元にありません。

    使用したクルコンは、シリウス社の汎用後付クルーズコントロール(ワイヤー式)だったと思います。
    | reset | 2014/05/01 2:07 PM |









    http://blog.reset.noor.jp/trackback/1006821