CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
Anything.
映画 「 愛の流刑地」
0
    ■ 愛の流刑地 (2006年 / 日本 )

    愛の流刑地

    総合評価:★★★★☆

    イントロダクション:
    渡辺淳一の同名ベストセラーを映画化した官能ラブ・ストーリー。情事の最中に男が女の首を絞めて殺すという結末を迎えた一組の不倫カップルの愛と死の真相を官能的に綴る。主演は「北の零年」の豊川悦司と「ヴァイブレータ」の寺島しのぶ。ある日、情事の果てに相手の女性を絞殺したとして一人の男が逮捕される。男は元ベストセラー作家の村尾菊治。被害者は夫も子どももいる女性、入江冬香。菊治は、冬香が殺してほしいと望んだからだと主張する。一方、事件を担当する女性検事・織部美雪は調べを進めるうち、冬香の気持ちに共感を抱き始めている自分に困惑していく…。(DISCAS)

    使えなかったら降板させる勇気を。

    「なんだ? ひとり、素人がぶち壊しにしているぞ?」と思って、ネットで調べたら、長谷川京子というひとだった。

    演技を学んだことがない人に台本を読ませたら、こんな感じになるんだろうなーというサンプル。とにかく「台詞のどこを立てるべきか」すら、まったく分かっていない。そのくせ、意味のないポージングばかりが目に余る。・・・・・あ、やっぱりモデルさんだったのね。(ファンのひと、ごめんなさい)

    監督も、撮り始めちゃったとしても、「やべ!キャスティングミスした!」と思ったら、事務所とか制作とかのしがらみに捉われず、柔軟に交代させて、純粋に良いモノを作ることに専念してほしい。

    その分、弁護士役の、陣内孝則の演技力の差を見せつける結果になった。

    寺島しのぶが、外面的にも内面的にも、現実味がありすぎるほどあって、この映画の主幹になっている。

    結婚制度って、あまりに残酷。
    | Movie | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    映画 「硫黄島からの手紙 」
    0
      ■硫黄島からの手紙(2006年/アメリカ)

      硫黄島からの手紙

      総合評価:★★★☆☆

      ミス・キャスト

      二宮和也の演技が最初から最後まで違和感。ようするに上っ面だけの演技法を最後まで押し通しちゃったなあという印象。あるいは、「ささやき芝居」が得意な渡辺謙に影響受けすぎちゃったか? 「ここは渋谷かッ!?」って僕が監督なら怒鳴りつけたくなると思う。当時の日本の青年って、少なくとももう少し骨っぽく、まっすぐに作り上げてもよかったのでは? たとえそれが紋切芝居になったとしても、観てる側の共感を得られなければ、元も子もない。

      中村獅童の芝居も同様、表面だけなぞらえている。与えられた台詞を処理してる感がぬぐえない。だから死に向かって追い詰められた心境ががまったく伝わってこない。「こんな感じの声を出せばカッコ良いだろうな」的なことを意識しすぎちゃったんだろうねえ、という思いが頭をぐるぐる回った。

      映画の内容は良かったのに、「ああ、こんな良いシーンを、そんな芝居で片付けちゃうの? もったいない・・・」という箇所がいくつもあった。

      イーストウッドは個人的にファンだけど、残念ながら彼の母国語は日本語ではないから、そういったところまで演出しきれなかったんだなあ、いう感想。

      それにしても、超有名どころを並べて作ってほしくなかったなあ。残念。能力のある無名の俳優陣で観たかった。

      キャストのファンの皆さん、悪意はありませんのでお許しくださいと謝るしかないm(__)m
      | Movie | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      映画「フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石 」
      0
        ■「フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石」(ブルーレイ)(2008年/アメリカ)

        フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石

        総合評価:★★☆☆☆

        イントロダクション:
        「10日間で男を上手にフル方法」のマシュー・マコノヒー&ケイト・ハドソンのコンビで贈るアドベンチャー・ラブコメディ。トレジャー・ハンターの男とその妻を軸に、カリブ海の財宝を巡って繰り広げられる争奪戦をコミカルに描く。監督は「メラニーは行く!」のアンディ・テナント。陽気なトレジャー・ハンター、フィンは、18世紀に海底に沈んだといわれるスペイン王の財宝に執心のあまり、愛する妻テスに逃げられてしまう。そんなある日、フィンは偶然にも探し求めていた財宝の重大な手がかりを手に入れる。そして、ひょんなことから大富豪ナイジェルに気に入られるフィンだったが、彼の豪華ヨットにはスタッフとして働くテスも乗り込んでいた。

        リゾート映画。

        あまり頭を使わずに南の海でのんびりしたいなあ、という気分のときにどうぞ。

        映画自体は、なんでもありません。とくに感動もありません。個々の登場人物の、たとえば金持ちの娘や悪玉なども、最後まで描ききれてません。ギャグもアクションもキレが悪いです。

        とにかく南の海。BGVとしてはいいかも。

        ……ふぅ。(-_-;)
        | Movie | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        映画 「ピザ男の異常な愛情」
        0
          ■「ピザ男の異常な愛情」(ブルーレイ)(2008年/アメリカ)

          ピザ男の異常な愛情

          総合評価:★★★☆☆

          イントロダクション:
          「24 −TWENTY FOUR−」シリーズの製作総指揮を務めるトニー・クランツ監督によるコメディホラー。イカれた殺人鬼・オーティスの下から命からがら逃げ出したひとりの少女。彼女の家族は、自ら彼に復讐するべく行動に出るが…。(DISCAS)

          モヤモヤ。

          確かに、新しさは感じたけど・・・。

          笑いにしても、ストーリーにしても、なーんか、モヤモヤしたものが残る映画。というか、残るように出来ている? それが新しいと言えば、新しい……?

          じゃあ、どんなオチなら納得するのか、と自問してみるも、結局答えは見つからなかった。

          少なくともあのデブが無傷のままでおしまいなのは、どうしても欲求不満。

          かといって、ヤツがギタギタにされて終わられても……ただのリンチ・スプラッターだし……。

          ようするに、もっと違うテーマの映画を作るのか正解?

          と言ってしまっては、元も子もないか……。

          ほーらね! ようするに、なんかモヤモヤするのよ、この映画!
          | Movie | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
          映画 「16ブロック」
          0
            ■16ブロック(ブルーレイ)(2006年 / アメリカ)

            16ブロック

            総合評価:★★★★☆

            イントロダクション:
            わずか16ブロック、およそ1.6km離れた裁判所に証人を送り届けるだけの簡単な仕事を任された刑事が、予想もしない事態に巻き込まれ、証人共々命を狙われるハメに陥るサスペンス・アクション。主演は「ダイ・ハード」のブルース・ウィリス、監督は「リーサル・ウェポン」シリーズのリチャード・ドナー。NY市警のジャック・モーズリー刑事は、夜勤明けのある日、上司から証人エディを16ブロック先の裁判所まで護送してほしいと頼まれる。15分もあれば終わる仕事と説得され渋々引き受けたジャックだったが…。(DISCAS)

            ダイ・ハード5…?

            B・ウィルスが州知事に立候補する日は、そう遠くないと思っているのは、僕だけでしょうか。

            彼が演じるいろんな役の映画を観てきたけど、やっぱり彼は刑事なんだなあと再確認。それも"ひとひねり"ある、ね。

            最後まで飽きずに観れました。"ダイ・ハードふたたび…"を欲している貴兄は、飽きずに観られるでしょう。

            立て籠もってしまった民間バスからの脱出劇がもっともウソくさいけど、そんなところに目くじら立ててはいけません。"新作ダイ・ハード"が2006年に観られるんだから。しかも"4"より、よっぽど面白い。

            でも二つ目のエンディングは、たしかにしょぼかった。観ないで済むものなら観たくなかったな。

            願わくば、黒人青年が法廷に立つところまで見届けたかった。ちょっと消化不良。

            他に観るものがないときには、選んで後悔しません。
            | Movie | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
            映画 「モンスター・ハウス」
            0
              ■「モンスター・ハウス」(ブルーレイ)(2006年 / アメリカ)

              モンスター・ハウス

              総合評価 ★★★☆☆

              イントロダクション:
              スティーヴン・スピルバーグとロバート・ゼメキスが製作総指揮を務めたフルCGアニメーション。古い一軒の屋敷が人を飲み込む生きている家だと気づいた子どもたちが、自分たちだけでその恐ろしい屋敷に立ち向かうホラー・コメディ。12歳の少年DJの家の向かいには、怪しげな古い家が建っていた。ある日、DJと親友のチャウダーはその家に襲われそうになる。そして、同じように危険な目にあった少女ジェニーを加えた3人は、大人たちが自分たちの訴えに耳を貸さないと分かると、自分たちだけでこのモンスター・ハウスを退治しようと決意するのだが…。(DISCAS)

              小学生のお子様にどうぞ。

              夜、ひとりで寝られなくなると困るので、ウチの三歳の娘には見せられませんでした。小学生のお子様にはちょうど良いんじゃないでしょうか。

              オトナの貴兄には、「へぇ、最近のCGもここまで来たかあ」という観点でお楽しみください。あるいは「ブルーレイ、買ってよかったなあ」とご満悦したい方にもどうぞ。

              アニメですから。どうにでもなります。

              でもお子様には忘れなれない強烈な印象を残すかもしれません。でも前述の理由により、年齢は限られると思います。
              | Movie | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              映画 「バンテージ・ポイント」
              0
                ■「バンテージ・ポイント」(ブルーレイ)(2008年 / アメリカ)

                バンテージ・ポイント

                総合評価:★☆☆☆☆

                イントロダクション:
                一発の凶弾が巡る真実を追った豪華キャスト競演のサスペンス・アクション。大統領狙撃の瞬間を目撃した8人の異なる視点から暗殺事件の真相に迫るさまをスリリングに描く。テロ撲滅の国際サミットが開催されるスペインのサラマンカ。大観衆を集めた広場では、アシュトン米大統領によるスピーチが行なわれようとしていた。だが、演説が始まろうとした矢先、一発の銃声が轟き、大統領が狙撃されてしまう。続いて爆発も発生し、一瞬にして広場が混乱状態に陥る中、シークレット・サービスのトーマスとケントは狙撃犯の捜索に奔走する。(DISCAS)

                最悪。

                これほどひどい映画がかつてあっただろうか。

                もういい加減、ネットでどうとか、銃を向けてどうとか、カーチェイスでどうとか、

                それだけに頼る映画はやめてほしい。

                経済危機のアメリカ、映画もかなりの危機に陥っているご様子。

                観ていて、こんなものに付き合わされたスタッフが可愛そうに思えてきた。

                とにかく登場人物もストーリーも頻雑、誰が主役すらかも分からない。

                もちろん、なにが言いたい映画なのか、何を見せたい映画なのかも分からない。

                アメリカ映画、混迷期の時代。はっきり言います。観ないほうがいいです。
                | Movie | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                映画 「クライシス・オブ・アメリカ」
                0
                  ■クライシス・オブ・アメリカ(ブルーレイ)(2004年/アメリカ)

                  【Blu-ray】クライシス・オブ・アメリカ

                  総合評価 ★★☆☆☆

                  イントロダクション:
                  湾岸戦争で英雄となったレイモンド・ショー。彼は政界入りも果たし、大物上院議員である母エレノアの強力な後ろ盾のもと、若くして副大統領候補にまで成り上がる。一方、そんなショーのテレビ演説を複雑な心境で見入る元上官のマルコ少佐。彼は最近、ショーが英雄となった戦闘時の悪夢にうなされていた。敵の急襲でケガを負い意識を失ったマルコに代わり、たった独りで敵に立ち向かい部隊を救ったのがショーだった。だがマルコの脳裏に甦るのは、その事実とは異なる不可解な記憶。疑念が深まる中、マルコはついに独自の調査を開始するのだが…。(DISCAS)

                  突飛→アイディア倒れ。

                  突飛、だけど、誰でも思いつきそうなアイディア。

                  どう持っていくのかなあと長々と見せられて、

                  「なあんだ、結局、殺すしかなかったか・・・。」

                  そんな映画。

                  これを観て何を感銘しろと言うの?と思ってしまいました。

                  残念。

                  | Movie | 00:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  映画 「最高の人生の見つけ方」
                  0
                    ■「最高の人生の見つけ方」(ブルーレイ)(2007年/アメリカ)

                    最高の人生の見つけ方

                    総合評価 ★★★☆☆

                    イントロダクション:
                    ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンという名優2人の共演で贈るハートフル・ストーリー。監督は「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナー。家族を愛するまじめで心優しい自動車整備士のカーターと、一代で莫大な富を築いた傲慢で孤独な実業家のエドワード。そんな対照的な初老の男2人は、ひょんなことから同じ病室に入院、揃って余命6ヵ月の宣告を受けてしまう。そんな時、カーターはかつて恩師から教わった死ぬまでに叶えたいリスト“バケット(棺桶)リスト”を書き出してみるのだった。それを見たエドワードはこのアイデアを気に入り、バケットリストを実行しようと、2人で病院を抜け出し人生最後の旅に出るのだが…。(DISCAS)

                    想像力、イマイチ?

                    たぶん、この映画の中で余命を宣告された男たちの実現された夢は、日本の「小金持ち」なら誰でも実現できる???

                    世界旅行、スカイダイビング、サーキット走行、etc・・・。

                    少なくとも10億ドルの資産を持つ男の発想としては、ちょっと乏しいような・・・。

                    致命的な病気になりました、死の宣告を受けました、好きなことをしました、死にました。

                    意地悪な言い方をすれば、それだけの映画。

                    確かに観終わった直後は「良い映画を観たなあ」という気になったけど、少し時間を置くと、そんな感想が浮かんできてしまう。

                    世の中には、死の宣告を受けても、なす術もなく死んでゆく人たちのほうが圧倒的に多いだろうことを考えると、手放しで「この人たち」の死に、手放しで共鳴できない・・・。

                    ただし、ジャック・ニコルソンが脳手術を受けるあたりは、映画ファンとしては感涙モノの仕掛けだとは思うが。

                    それでも、もし自分に病気の親がいたら、勇気づける目的でぜひ見せてあげたくなる作品であることは間違いない。

                    この映画も2007年。新作かあ・・・。

                    僕の目が歳とともに素直じゃなくなったのか、

                    それとも時代と共に感動の質が浅くなったのか、

                    あるいは感動の質が変化しつつあるのか、

                    個人的に、ジャック・ニクルソン氏に直接訊いてみたくなった、

                    そんな作品でした。
                    | Movie | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    映画 「ブラックサイト」
                    0
                      ■「ブラックサイト」(ブルーレイ)(2008年/アメリカ)

                      ブラックサイト

                      総合評価 ★☆☆☆☆

                      イントロダクション:
                      現代のネット社会を脅かす緊迫のサイコ・サスペンス。公開殺人サイトを操る謎の犯人と女性FBI捜査官の息詰まる追跡劇をスリリングに描く。主演は「運命の女」のダイアン・レイン。サイバー犯罪を専門とするFBI特別捜査官ジェニファーは、インターネット上にはびこるあらゆる犯罪を取り締まっていた。そんなある日、“killwithme.com”という不審なサイトの情報が入る。それは身動きのとれない動物が衰弱していくさまをライブ中継したもので、しかも主謀者を突き止められないよう巧みに操作されていた。やがて今度は、縛り付けられ薬物を投与されている男が映し出される。しかも、アクセス数が増えるごとに薬物の投与量も増やされる仕掛けになっていた…。(DISCAS)

                      悪趣味。

                      発想が幼稚。

                      グロ。

                      ストーリーが読める。

                      リアリティさに欠ける。

                      結末が単純。

                      中学1年レベル。

                      2008年制作の映画だというから、なおさら情けない。
                      | Movie | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |